CDEJの方

CDEJマイページログイン
CDEJ用販促資料
CDEJ News Letter
CDEJパンフレット
糖尿病療養指導ガイドブック2017
CDEJに関するよくあるご質問

Jスキルコース コース一覧

ホーム ≫ 研修会・単位 ≫ Jスキルコース コース一覧
標準学習時間 1.5時間~2時間程度
認定単位数 <第2群>1単位
受講料 3,456円(税込み)
受講期間 4ヵ月間
  • 単位数・受講料・受講期間は一律です。
  • 受講申込みについては、こちらをご覧ください。
  • タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

コース一覧

高齢者糖尿病の療養指導(講師:荒木 厚)2018年11月公開

糖尿病腎症重症化予防における看護師の役割(講師:金井 千晴)2018年11月公開

高齢者糖尿病の薬物療法(講師:深野 光司)2018年11月公開

糖尿病足病変の病態・診断・治療(講師:渥美 義仁)2018年度公開予定

糖尿病患者における高血圧管理(講師:片山 茂裕)2018年度公開予定

血糖コントロールの指標と目標値(講師:佐藤 麻子)2018年度公開予定

糖尿病患者のフットケアの基本(講師:加藤 理賀子)2018年度公開予定

SMBG・CGM活用(仮題)(講師:西村 理明)

「糖尿病食事療法のための食品交換表」に準拠したカーボカウントによる食事療法(仮題)(講師:黒田 暁生)

糖尿病の食事指導(講師:本田 佳子)

糖尿病治療における運動療法の意義と療養指導の在り方(仮題)(講師:田村 好史)

運動療法の見える化(その1)糖尿病運動療法教室の進め方と運動療法テキストづくりのポイント(仮題)(講師:天川 淑宏)

コース詳細

高齢者糖尿病の療養指導

講師

荒木 厚東京都健康長寿医療センター 内科総括部長(糖尿病・代謝・内分泌内科))

内容

受講対象:CDEJになりたての方からベテランの方まで(職種問わず)。
▼わが国では超高齢化社会を迎え、高齢者糖尿病が増加の一途を辿っています。加齢とともに糖尿病合併症や併発症も多くなるため、治療の際は注意が必要です。
▼また、高齢であっても、糖代謝異常や心身機能障害の程度は個人差が大きく、きめ細やかな工夫を伴う個別対応が必要です。
▼本コースでは、高齢者糖尿病の療養指導について、低血糖への対処法、認知機能やフレイルとの関連、薬物選択に至るまで、最新の知識を織り込みつつ体系的に学ぶことを目的に、荒木厚先生よりわかりやすくご講演をいただいております。
知識の整理、アップデートにお役立てください。

開講状況

2018年11月開講

糖尿病腎症重症化予防における看護師の役割

講師

金井 千晴(CDEJ、東京歯科大学市川総合病院
・聖路加看護大学卒業
・東京女子医科大学病院糖尿病センター勤務を経て、2004年より日本看護協会看護研修学校 認定看護師教育専門課程 糖尿病看護学科専任教員。
・2007年、日本赤十字看護大学修士課程入学、成人看護学(慢性看護領域)専攻。同年より、東京歯科大学市川総合病院に勤務。
・看護師、保健師、衛生管理者。CDEJ 認定(2001年)、慢性疾患看護専門看護師 取得(2011年)

内容

わが国においては、高齢化が進む中で生活習慣と社会環境の変化に伴う糖尿病患者数の増加が課題になっています。
▼糖尿病の合併症は患者のQOLを著しく低下させるのみならず、医療経済的にも大きな負担を社会に強いることが予測され、2016年、日本医師会・日本糖尿病対策推進会議および厚生労働省は、全国で糖尿病性腎症重症化予防に向けた取組を始めました。
▼そのような中、速やかに糖尿病性腎症重症化予防のためのプログラムを策定するため、それぞれの地域での取り組みが始まっています。 これらの動きよりも前から、慢性疾患看護専門看護師として腎症重症化予防に取り組んでこられた金井千晴先生から、看護師の役割についてご講演をいただきました。
▼これから取組を始める方や今まさに始めようとしておられる方、また看護師だけでなくすべてのCDEJの方々にとって具体的かつ興味深い内容になっています。

開講状況

2018年11月開講

高齢者糖尿病の薬物療法

講師

深野 光司(CDEJ、東京都立府中療育センター 薬剤科
・一般社団法人臨床糖尿病支援ネットワーク評議員
・2004年 CDEJ 認定取得
・2003年 西東京糖尿病療養指導士 認定取得
・2009年 NST専門療法士 認定取得

内容

受講対象:CDEJになりたての方からベテランの方まで(職種問わず)。
▼高齢者糖尿病の薬物療法へのかかわり方、注意すべき点について解説されています。
▼高齢糖尿患者は罹病歴の長期化により、病態が複雑になる場合もあり、また認知機能の低下もみられます。よりよい糖尿病薬物療法を実践するためのきめ細かい対応について学習していただけます。
▼高齢糖尿病患者への薬物療法の実践について、具体的な方法も解説されています。ぜひ、明日からの療養指導にお役立てください。

開講状況

2018年11月開講

糖尿病足病変の病態・診断・治療

講師

渥美 義仁永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター長)

内容

(準備中)

開講状況

2019年1月以降開講予定

糖尿病患者における高血圧管理

講師

片山 茂裕埼玉医科大学 かわごえクリニック院長)
・1973年、東京大学医学部卒業、同第三内科入局
・1983年、埼玉医科大学第四内科講師を経て、1989年、同助教授
・1995年、同教授(内分泌・糖尿病内科)
・2008年、同大学病院病院長
・2014年、同大学かわごえクリニック院長
・主に糖尿病患者の高血圧や糖尿病腎症の研究を行っている。

内容

(準備中)

開講状況

2019年1月以降開講予定

血糖コントロールの指標と目標値

講師

佐藤 麻子東京女子医科大学医学部 臨床検査科

内容

(準備中)

開講状況

2019年1月以降開講予定

糖尿病患者のフットケアの基本

講師

加藤 理賀子(CDEJ、川崎市立川崎病院
・1982年~川崎市立川崎病院 勤務。
・2001年 CDEJ 認定取得。
・2004年 糖尿病看護認定看護師 取得。
・日本下肢救済・足病学会創立時より理事4期、現在は評議員。

内容

看護師が行う糖尿病患者のフットケアは、足病変の発症予防と再発予防に向けた患者教育を実践することにあります。またフットケアは、足だけにとどまるのではなく、足を通して糖尿病療養全体を支援する側面もあります。
▼本講義では、フットケアはなぜ大切なのか、フットケアのためのアセスメント、足の観察方法や患者指導、フットケアの実際について、フットケアの基本をご説明します。
▼フットケアの実際については、ポイントを解説しておりますので、フットケアを始めたいという看護師や、療養支援の一つとして学びたいという方にも、職種を超えて学べる内容になっています。

開講状況

2019年1月以降開講予定

SMBG・CGM活用(仮題)

講師

西村 理明東京慈恵会医科大学 内科学講座(糖尿病・代謝・内分泌内科)

内容

(準備中)

開講状況

2019年2月以降開講予定

「糖尿病食事療法のための食品交換表」に準拠したカーボカウントによる食事療法

講師

黒田 暁生徳島大学 糖尿病臨床・研究開発センター

内容

(準備中)

開講状況

2019年2月以降開講予定

糖尿病の食事指導

講師

本田 佳子女子栄養大学 栄養学部

内容

(準備中)

開講状況

2019年2月以降開講予定

糖尿病治療における運動療法の意義と療養指導の在り方(仮題)

講師

田村 好史順天堂大学 国際教養学部 グローバルヘルスサービス領域 教授)

内容

(準備中)

開講状況

2019年2月以降開講予定

運動療法の見える化(その1)糖尿病運動療法教室の進め方と運動療法テキストづくりのポイント(仮題)

講師

天川 淑宏東京医科大学八王子医療センター 糖尿病・内分泌・代謝内科)

内容

(準備中)

開講状況

2019年2月以降開講予定