認定試験実施案内

「糖尿病療養指導自験例の記録」入力ソフト

HOME > 認定試験実施案内 > 「糖尿病療養指導自験例の記録」入力ソフト

第17回日本糖尿病療養指導士認定試験(平成28年度)

「糖尿病療養指導自験例の記録」入力ソフトについて

 受験申請書類のうち、「糖尿病療養指導自験例の記録」については、必ず入力ソフトを使用して作成し、プリントアウトしたものをご提出ください。
詳細は、「第17回日本糖尿病療養指導士認定試験 実施要項」でご確認ください。

対象者 「第17回日本糖尿病療養指導士認定試験」受験希望者
(第17回受験者用講習会受講申込者 および 第17回認定試験資料請求者)
ダウンロード
可能期間

2016年10月11日正午~2016年12月7日

動作環境 ※職場など共有PCでは、動作環境を満たしても、セキュリティの設定等により正常に作動しない場合があります。

[Windows]
OS:Windows 7~10
CPU:1 GHz以上
メモリ:1GB以上

[Mac]
OS:Mac OS X v10.9~10.11
(10.12についてはこちらをご確認の上で、ご使用ください)
CPU:64ビットIntelプロセッサを搭載したMacコンピュータ
メモリ:2 GB以上

※注意※
使用されるPCの動作環境の確認方法に関するお問い合わせには応じかねます。
ダウンロード手順

(1)使用されるパソコン別にダウンロードしてください。

(2)「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ユーザー名・パスワードの入力画面が表示されますので入力してください。

※ダウンロードに必要なユーザー名・パスワードは「第17回日本糖尿病療養指導士認定試験 実施要項」に記載されています。お電話等でのお問い合わせにはお答えできません。

自験例の記録入力ソフトダウンロード(Windows版) 自験例の記録入力ソフトダウンロード(Mac版)

(3)ダウンロードしたフォルダは圧縮されています。
右クリックで解凍を選択、またはダブルクリックして解凍してください。

(4)「自験例入力ソフト」フォルダが作成されますので、「自験例入力.bat」(Macの場合は拡張子なしの「自験例入力」ファイル)をダブルクリックしてください。

(5)初回のみ「ユーザー名を入力してください」という表示が出ることがありますが、そのまま「OK」をクリックしてください。

(6)ソフトウェアが起動しますので、「第17回認定試験 実施要項」資料4「『糖尿病療養指導自験例の記録』の書き方」(14~19ページ)をご参照の上、作成してください。

ダウンロードができない、ソフトが起動しないなどのトラブルがある方はこちらをご確認ください。

注意事項 本ページにおいて提供するソフトウェアは、以下の条件の上で使用することを目的とする場合のみダウンロードいただけます。

(1)使用条件
  • 「第17回日本糖尿病療養指導士認定試験」における「糖尿病療養指導自験例の記録」作成のために使用する。
  • 他のメディアへの一切の転載を行わない。
  • 本ソフトウェアを商行為に使用しない。(レンタル・疑似レンタル行為や第三者へ販売などしない。)
  • 上記動作環境を有している。
  • 本ソフトウェアにより生じたいかなる損害についても日本糖尿病療養指導士認定機構にその責任を問わない。
(2)ソフトウェアのサポート
  • 本機構では、操作方法に関するサポートは行いません。使用方法が不明な場合は本ソフトウェアでの作成を行わず、実施要項をご参照ください。
  • ソフトウェアのダウンロード前に「第17回日本糖尿病療養指導士認定試験 実施要項」を必ずお読みください。
  • ソフトウェアのダウンロード・導入は使用者の責任において行っていただきます。
(3)著作権者
  • 本ソフトウェアの著作権は、本機構に帰属します。