受験希望者

CDEJパンフレット
糖尿病療養指導ガイドブック2017
CDEJに関するよくあるご質問

「糖尿病療養指導業務に従事した証明書」入力サポートシステム使用方法

ホーム ≫ 認定試験 ≫ 「糖尿病療養指導業務に従事した証明書」入力サポートシステム使用方法

【はじめに】登録番号・お名前を正しく入力してください。

1.申請者の業務に関する証明

(1)当施設における勤務期間

(2)当施設で医師の指示下で糖尿病療養指導業務に従事した期間

  • カレンダーから選択するか、数値で入力してください。
    ※月・日は2桁で入力してください。(例:4月1日は 04/01 と入力)
    ※2006年12月6日以前から勤務/業務に従事している方は「2006/12/06」と入力してください。
  • 「終わり」は年月日を入力するか「現在に至る」をチェックしてください。

(3)糖尿病療養指導をおこなった時間

【参考】計算式の入力例

2.施設に関する証明

3.申請者を指導した医師の証明

  • 『入力システム』を使用する前に、入力すべき情報を医師に確認してください。
    入力すべき情報:勤務期間/勤務状況(非常勤は頻度も)、
    日本糖尿病学会会員期間/会員番号、(専門のみ)専門医期間/認定番号。
  • 日付はカレンダーから選択するか、数値で入力してください。
    ※月・日は2桁で入力してください。(例:4月1日は 04/01 と入力)
  • 「終わり」は年月日を入力するか「現在に至る」をチェックしてください。
  • 入力・印刷後に医師の署名・捺印が必要です。

4.施設長の証明欄

  • 所在地・施設名称・施設長の役職は入力必須項目です。
  • 入力・印刷後に施設長名の記入・公印の押印が必要です。

5.入力内容の確認

  • 入力内容を確認し、誤りがあれば 戻る ボタンで戻って修正してください。
  • 誤りがなければ 印刷画面を表示 ボタンをクリックしてください。⇒「6.印刷」へ
  • 現在の入力内容を保存する場合は 保存して終了 ボタンをクリックしてください。⇒「8.保存とログイン」へ

  • システムの入力チェック機能によりエラー表示が出る場合があります。
  • エラー表示が出た場合は、入力に誤りがあれば訂正してください。(上書きがうまくできない場合は、誤った入力内容を一旦削除してから、新たに入力してください。)
  • 入力に誤りがないか、修正してもエラー表示が消えない場合は、システムの不具合か、受験資格を満たしていない場合があります。事務局までお電話でご確認ください。

6.印刷

  • 上記「5」で 印刷画面を表示 ボタンをクリックすると、印刷プレビュー画面が表示されます。
  •  印刷する ボタンで印刷を開始してください。
  • 「糖尿病療養指導業務に従事した証明書」(提出用)と「印刷後の注意事項」の2枚が印刷されます。

7.提出

  • 「印刷後の注意事項」をご確認のうえ、医師の署名・捺印、施設長名の記入・捺印を受けて提出してください。

8.保存とログイン

  • 上記「5」で 保存して終了 ボタンをクリックすると、登録画面が表示されます。
  • 「ログインID」・「パスワード」を設定し、 登録する ボタンをクリックしてください。

  • すでに登録されている(ほかの人が登録している)IDは使えません。エラー表示が出た場合は、他のIDに変更してください。

  • 登録後、再度「入力システム」にアクセスするとログイン画面が表示されます。
    ご自分のID・パスワードを入力してください。
    ※ID・パスワードがわからなくなった場合は、 新規作成 から再度入力してください。