CDEJに関するよくあるご質問

COVID-19と糖尿病療養指導特集 -Withコロナの糖尿病療養指導-

ホーム ≫ その他 ≫ COVID-19と糖尿病療養指導特集 -Withコロナの糖尿病療養指導-


「新型コロナ対策の理学療法」

河江 敏広
東都大学幕張ヒューマンケア学部理学療法学科
 

 2020年4月に入り新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、3密を避けることや外出自粛などが要請されました。このことにより、運動施設の一時閉鎖や患者の身体活動量の低下が認められるようになり、実際にロコモチャレンジ!推進協議会による新型コロナウイルス感染症による運動への影響に関する生活意識調査1)では、昨年度と比較し「外出減」は52.6%、「運動減」は40.3%の対象者に認められたことが報告されています。糖尿病療養指導における理学療法としては主に運動指導のため、指導スタッフは十分な感染対策を行って運動指導を安全に行う手段の構築が必要です。我々は、密を避けることを目的として、昨年6月より運動指導室に入室できる人数を集団指導では8名から4名に制限ししています。さらに、個別指導などの直接指導を行う際は、指導者側はフェイスシールドおよびマスクを装着し、患者にはマスクのみの装着を行い、換気を十分に行った環境で運動指導を行っています(写真)。また、来室を控える患者も増加傾向のため、患者の運動能力に合わせた室内でできる運動の動画やアプリの紹介を行い、来室しなくても運動を楽しく実施できる手段の提供も行っています。私たちが指導に用いている動画は日本糖尿病協会ホームページ2)に掲載されていますので是非ご活用ください。

運動指導
写真:感染対策を行った実際の運動指導場面

 今後はCOVID-19感染やそれに伴う身体活動量低下の影響によって運動機能低下を来した患者が多くなることが予測されます。今後、理学療法としてはこのようなアフターコロナに向けた対策も構築していく必要があると考えます。
 

【参考文献】
1.日本糖尿病協会ホームページ (2020. 2. 16確認)
https://locomo-joa.jp/news/official/post_66.html

2.日本整形外科学会ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト (2020. 2. 16確認)
https://www.nittokyo.or.jp/modules/patient/index.php?content_id=89

 



新型コロナウイルス感染症における栄養管理室での対応●●

富井 三惠
独立行政法人国立病院機構相模原病院 副栄養管理室長
 

 当院は神奈川県相模原市にある458床の急性期病院で、新型コロナウイルス感染症対策の医療体制「神奈川モデル」における重点医療機関です。

【 基本的感染対策 】
 職員は検温を含む毎日の体調確認を行い、標準防護具としてサージカルマスクとアイシールドを着用しています。病棟移動、食事前等手洗い励行の他、スイッチ類、パソコン、机、PHS、ドアノブ、コピー機、戸棚等共有物接触後も手洗いや手指アルコール消毒を行います。

【 栄養食事指導 】
 原則面会禁止対応中のため入院栄養食事指導で家族への指導が必要な場合は、外来栄養指導室にて入院患者と交差しないよう実施しています。栄養指導室の環境整備として、換気、指導終了毎にエタノール含浸除菌クロスで清拭を行います。指導室内の密を避けるため栄養指導予約枠を調整しています。必ず指導前に「感染症トリアージシート」(患者および家族の体調)の確認を行い、アクリル板を隔てて指導を実施しています(図1)。

【 チーム医療 】
 カンファレンスは広い部屋で換気して行い、COVID-19(疑い)患者についてはカルテ診のみ実施しています。

【 COVID-19(疑い)患者の食事提供 】
 ディスポ食器(図2,図3)で提供ののち感染性廃棄物として廃棄され、トレーは個室専用として退院時に病棟で消毒後栄養管理室へ返却され通常洗浄しています。乳児はディスポ哺乳瓶に調乳(図4)、乳首は個室専用として消毒しながら使用し退院時に感染性廃棄物として廃棄しています。

 

栄養指導室        
 図1 栄養指導室           図4 ディスポ哺乳瓶 
ディスポ食器1  ディスポ食器2
 図2 ディスポ食器1              図3 ディスポ食器2